WordPressテーマ『SWELL』をレビュー!メリット・デメリットを解説

WordPressテーマ「SWELL」って実際どうなの?

レビューを見ると良さそうけどデメリットはないの?

こんな悩みを解決していきます。

WordPressテーマ『SWELL』は多くのブロガーに支持されており、僕自身も1番おすすめしているものです。

この記事では僕が実際にSWELLを使った感想を交えてメリット・デメリットをレビューしていきます。

hiroki

当サイトもSWELLを利用しています。

>>SWELLの公式サイトはこちら

目次

SWELLを使ってわかったメリット5選

僕が実際にSWELLを使って感じたメリットを紹介していきますね。

SWELLのメリットは以下の4つです。

  • デザイン性が高くおしゃれなサイトを作れる
  • ページ表示速度が圧倒的に速い
  • ブロックエディタの機能性が高い
  • 他のWordPressテーマから乗り換えしやすい

デザイン性が高くおしゃれなサイトを作れる

SWELLの最大の特徴がそのデザイン性の高さです。

今までのWordPressテーマでは考えられないほどのデザイン性で、他テーマからSWELLに乗り換える人がたくさんいました(僕もその1人です)。

自分でカスタマイズしてサイトをおしゃれにすることはもちろん、SWELLのデモサイトのデザインテンプレートを使うことも可能です。

デザインやカスタマイズに自信がなくても、簡単におしゃれなサイトが作れます。

ページの表示速度が圧倒的に速い

SWELLを使って驚いたのが、ページの表示速度がとにかく速いことです。

今まで使ってきた数多くのWordPressテーマの中でも、SWELLのページ表示速度は群を抜いて速いです。

SWELLには『キャッシュ機能』『画像延滞読み込み』など、表示速度を高める機能が搭載されています。

ページ表示速度はGoogleの検索順位アルゴリズム要因にも含まれるので、SEO対策をするうえでもSWELLを使うメリットはかなり大きいと言えますね。

ブロックエディタの機能性が高い

SWELLはブロックエディタ完全対応のうえに、機能性が高いのが魅力です。

ブロックエディタの場合、WordPressテーマによって機能やボタンの配置などが変わってくるので、テーマによって扱いやすさは千差万別です。

その点、SWELLは専用の機能、ショートコード、ボタンが豊富で初心者でも使いやすいです。

その他のWordPressテーマでは、微妙に痒いところに手が届かないことが多かったのですが、SWELLを利用してから快適に運営することができています。

他のWordPressテーマから乗り換えしやすい

他のWordPressテーマからSWELLへ簡単に移行ができる点もメリットです。

『JIN』『SANGO』『STORK』『Cocoon』『THE THOR』この5つのテーマからは、乗り換えサポート用のプラグインを利用することができます。

実際に当サイトもTHE THORからSWELLにプラグインを利用して移行しました。

ただし、他テーマから移行するときに、100%完全に移行できるわけではなく、細かい部分の修正は必要になりますのでご注意ください。

SWELLの悪い評判(デメリット)詳しく

SWELLを使ってみた感じたデメリットも紹介していきます。

といっても、ほとんどデメリットに感じることはなく、強いて言うならこの3点かなと思います。

  • 利用者が多く他のサイトと被る
  • AMPに対応していない
  • 値段が少しだけ高い

利用者が多く他のサイトと被る

SWELLは利用者が多く、他人のサイトとデザインや雰囲気が被ってしまいがちです。

とくにSWELLの初期設定のデザインのままだと、他のサイトと似てしまってオリジナリティが出なくなってしまいます。

ただその反面、SWELLのカスタマイズやデザインの情報や、参考になるサイトも多いということでもあります。

自分好みのサイトデザインにするために、他のサイトを参考に作ってみるといいですね。

AMPに対応していない

SWELLはAMP対応していない点がわずかながらデメリットとなります。

AMPとは

「AMP(Accelerated Mobile Pages)」は、Googleが推進しているモバイルページを高速に表示させる方法のことです。

WordPressテーマによっては、AMPを導入してページ速度を上げてSEO対策をしています。

ですが、SWELLで開発者の了さんがあえてAMPを導入していないようです。

SWELLはAMPを入れなくも十分ページ表示速度は速いですし、むしろAMPを入れてSWELLの機能性が下がる方がデメリットになると思いますね。

値段が少し高い

SWELLはその他のWordPressテーマと比べて、ほんの少し値段が高いです。

テーマ値段
賢威27,280円(税込)
DIVER17,980円(税込)
SWELL17,600円(税込)
THE THOR16,280円(税込)
JIN14,800円(税込)
AFFINGER14,800円(税込)
STORK1911,000円(税込)
SANGO11,000円(税込)
WordPressテーマ価格表

ただSWELLの値段が少し高いといっても数千円の違いだけ。

その程度の差であれば、気にせずSWELLを選んだほうが絶対にいいと思いますね。

SWELLの概要

商品名WordPressテーマ SWELL
販売価格¥17,600(税込)
(月額費や年額費なし)
開発者了さん
動作環境PHP 7.3 以上。
WordPress 5.5 以上。
対応ブラウザEdge / Chrome / Firefox / Safari
決済方法クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB )
※ 銀行振り込み不可。
ライセンスライセンス制限なし
サポートslackオンラインコミュニティ、会員限定サイト(フォーラム)

まとめ:WordPressテーマはSWELL一択!

ここまでWordPressテーマSWELLを使って感じたメリット・デメリットをお伝えしてきました。

SWELLはデザイン性、カスタマイズ性が非常に高く、ページ表示速度も早い、他のWordPressテーマからも乗り換えやすいです。

これ以上にクオリティの高いWordPressテーマはないと言っても過言ではないほど。

唯一、障壁になるデメリットとすれば、少し値段が高いことくらいですが、間違いなく値段以上の価値はあると思います。

少しでもブログを良くしていきたいと考えているなら、ぜひSWELLを選んでみてくださいね。

>>SWELLの公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次