トレンドアフィリエイトの記事の書き方【完全攻略】ブログが超簡単にできる法則

『トレンドアフィリエイトってどんなブログ記事を書けばいいのかわからない』『本当のこの記事の書き方で大丈夫なのかな?』

そんな疑問を解決していきますね。

 

こんにちは、hirokiです。

僕も最初は右も左もわかららない素人でしたが、今では自分でトレンドアフィリエイトで稼ぐだけでなく、多くの教え子を月10万〜100万円の実績に導くことができています。

 

そこで今回は、トレンドアフィリエイトの記事の書き方がよくわからないという人が、道に迷うことなくブログを作成していけるように、僕が実践している記事の書き方や、読みやすくするコツについてお伝えしていこうと思います。

 

この記事を読んでそのとおりに実践していけば簡単にトレンドブログを作れるようになると思うのでぜひ実践してみてください。

トレンドアフィリエイトの記事の書き方の流れ

まずはトレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方や記事作成の流れを紹介していきます。

トレンドアフィリエイトで月収何十万と稼いでいくって難しいと感じるかもしれませんが、実践ことは大きく分けると4つしかありません。

  1. トレンドブログの記事ネタを探す
  2. ネタのキーワード選定を行う
  3. 記事タイトルを付ける
  4. ブログの文章を書く

 

このシンプルな4つのステップを繰り返していくだけでトレンドアフィリエイトができるようになりますし、この4つさえマスターしてしまえば、あなたは月収何十万と稼ぎ出すことができるということです。

 

トレンドアフィリエイトのブログ記事を書くうえで大切な考え方

さっそく4つのステップについて説明していきたいところですが、その前に重要なことをお伝えしておきます。

それはトレンドアフィリエイトで稼いでいくための大切な考え方であり、アフィリエイトに限らずあらゆるビジネスで成功するために必要な考え方です。

 

トレンドアフィリエイトで稼ぐために重要な本質の考え方は、「ユーザーに価値を与えること」です。

価値のある情報をブログで発信し、その対価として収入を得るのがトレンドアフィリエイトだからです。

 

よくトレンドアフィリエイトについて勘違いされてしまうのが「芸能ニュースをまとめればいいんでしょ?」「季節のイベントについて書けばいいんでしょ?」ということです。

まったく見当違いというわけではないのですが、それはトレンドアフィリエイトで稼いでいく本質ではありません。

 

大切なのは、ユーザーが「どんなことを知りたくて」「どんな疑問を解消したくて」インターネットで検索をするのかをしっかりと考え、その需要に対する答えをブログで供給することで、価値を生み出すことができます。

 

記事の書き方うんぬんの前に、この本質的な考え方ができていない人は、ほとんど稼げないか、一瞬稼げたとしても長く安定して収益を生み出し続けることはできないのでしっかりと覚えておくようにしてください。

 

トレンドアフィリエイトの記事ネタを探す

トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方の前に、まず最初にやるのが記事のネタ探しです。

記事のネタは、「今回はこのテーマについて記事を書く」といったように1つに絞る必要があります。

 

もちろん、ブログ内にはいろいろなジャンルの記事があってもOKですが、記事の中身は1つのことについて書くのが鉄則です。

芸能人の日記であれば、好きなことを詰め込んで書いてもいいですが、トレンドブログは、ユーザーが知りたい情報を提供するという目的があるので、1つのテーマに絞っていきましょう。

 

では、どんな記事ネタを扱って書けばいいかというと、ユーザーが気になってネット検索をすることならなんでもOKです。

ここで考えてほしいのですが、あなたは普段どんなことでネット検索するでしょうか?

 

例えば僕の場合は、

  • テレビを見ているときに、知らない人が出てきたらどんな人物なのか
  • お花見をするときに桜の見頃や混雑状況、場所取りについて
  • ホワイトデーのお返し何がいいか
  • Youtubeでたまたま見つけた曲のアーティストの情報
  • イヤホンが欲しかったのでおすすめや口コミで評判がいいものはどれか
  • 観たい映画がいつまで上映しているか
  • 買おうか迷っている本の書評

今パッと考えただけでこういったことが出てきます。

 

トレンドアフィリエイトでブログに大量にアクセスを集めて稼ぐためには、このようなインターネットで検索される記事ネタをみつけて、その疑問に応えることがポイントです。

何度も言うようですが、自分が書きたいことではなく、人が検索して知りたいことを意識して実践してみてください。

 

速報ネタとは?

具体的に記事ネタの探し方をお伝えする前に、トレンドアフィリエイトでは記事ネタの種類が大きく分けて2つあるということを理解しておいてください。

それが「速報ネタ」「未来予測ネタ」の2つです。

 

速報ネタは、なにか話題になる出来事があったときに、すぐ速報として記事を書いていきます。

アクセスが爆発することが多いので、たった1記事で4〜5万円稼げることもあるので、一気に収入を増やすことができますし、慣れれば30分ほどで記事を仕上げることもできるので、時給1万円以上の成果を出すことができます。

 

具体的に速報ネタはどんなものがあるのかというと

  • 芸能人の熱愛・結婚・離婚・不倫などの報道
  • アイドルグループの解散や卒業
  • 政治家の発言や不祥事
  • スポーツの大会結果速報
  • テレビ番組で紹介されたお店や人物
  • 地震や台風などの自然災害

このような感じです。あくまで一部なので探せばいくらでも出てきます。

 

速報系のネタについて扱う場合は、人が「えっ!マジで?」「なんで?」「もっと知りたい!」といった、強烈に興味を引かれることや、感情が揺さぶられるような内容について扱うとアクセスが爆発しやすいです。

 

未来予測ネタとは

未来予測ネタは、数日後〜数週間後に話題になると予想されることについて記事にしていきます。

毎年行われる季節のイベントや、放送されることがわかっているテレビ番組、オリンピックなどのスポーツ大会は、あらかじめ世間で話題になることが予想できます。

 

またそういった毎回行われる内容というのは、ユーザーが気になって検索する内容も毎回同じなので、過去にどんなことが検索されたのかを調べれば記事を書くことができます。

 

具体的に未来予測のネタがどんなものがあるかというと

  • 放送予定のテレビ番組(バラエティ・ドラマ・アニメなど)について
  • オリンピック・W杯などスポーツの大会
  • 季節のイベント(バレンタイン・クリスマス・ハロウィンなど)
  • おでかけ関係(夏休み・ゴールデンウィークのレジャースポットなど)
  • 公開予定の映画について
  • 音楽のライブ・フェスについて

このような感じです。あくまで一部なので他にもたくさんあります。

 

未来予測系のネタはとにかくどんなジャンルでも、検索されることが予想されるものは記事にすることができます。

世間の需要が尽きることはないので記事ネタがなくなる、飽和するということはまずありえないですね。

 

トレンドアフィリエイトを始めたばかりの初心者は、未来予測記事を作成することから始めるのがおすすめです。

 

記事ネタはどこで探せばいいのか?

ユーザーが知りたいことや疑問を記事ネタにするといっても、どうやって探せばいいかわからないですよね。

そこで僕が実際にどんなところでトレンドアフィリエイトのネタ探しをしているのか、いくつか実例を紹介します。

▼速報系のネタを探す場所▼

  • Yahooニュース
  • Yahooリアルタイム
  • Twitter
  • 2chまとめのまとめ
  • ついっぷるトレンド
  • @niftyニュース
  • LINEニュース
  • Friday、週刊文春などの週刊誌
  • テレビ番組を見ているとき

 

▼未来予測のネタを探す場所▼

  • Yahoo!テレビ(テレビ欄)
  • Twitter
  • ナタリー
  • Yahoo!プロモーション広告
  • 日経エンタテインメント
  • TVガイド
  • 東京ウォーカーなどの旅行レジャー雑誌
  • スポーツ、音楽、ファッションなどの各種雑誌
  • コンビニの中
  • 電車の中吊り広告
  • 本屋の中
  • 他の人のトレンドブログでどんなことを書いているリサーチ

ほかにも探す場所はたくさんありますが、一部を紹介するとこのような場所から記事ネタを探してくることができます。

 

トレンドアフィリエイトで稼いでいる人は、特別なサイトや、誰も知り得ない情報を持っているのではないか?と思っている人もいるのですが全然そんなことはありません。

誰でも探せるような場所から記事ネタを見つけて記事を書いていますし、コツをつかめば誰だってアクセスの集まる記事ネタを見つけることができるようになります。

 

ただ、同じ記事ネタを見つけたとしても、そのネタを見て稼げる記事を書ける人と、まったく稼ぐことができない人に見事にわかれてしまうというのが現実です。

なぜ、同じ記事ネタを扱ってもうまくいく人といかない人がいるのか、その大きな要因の1つが、次の項目で説明するキーワード選定ができているかどうかです。

 

記事を書くネタのキーワード選定を行う

キーワード選定というのは、どんなキーワードを使って記事タイトルを作っていくかを決める作業です。

そこでここからはキーワード選定のやり方を知るために、

  • 記事タイトルとGoogleの検索エンジンの仕組み
  • キーワード選定の具体的なやり方
  • キーワード選定で重要なライバルチェックの方法

を、まとめて紹介していきます。

 

Googleの検索エンジンの仕組みとタイトルのキーワードの関係性

トレンドアフィリエイトのブログ記事を作ってアクセスを集めるためには、検索結果で上位表示されることが重要です。

ではどうやったら検索結果で上位表示されるのかというと、ユーザーが検索したキーワードと記事タイトルが一致していればしているほど上位に表示されやすくなる傾向があります。

 

具体的にどういうことか実例を紹介します。

例えば、あなたが井の頭公園のお花見に行くと決めたときに「場所取りはどうすればいいのか?」を気になって検索したとします。

 

検索結果を見ると、検索したキーワードである「井の頭公園」「お花見」「場所取り」が使われた記事タイトルが検索1位に表示されています。

 

 

「井の頭公園」「お花見」「場所取り」に加えて、「禁止事項」についても調べると以下のようになります。

同じように、検索キーワードにマッチしている記事タイトルが1位になっているのがわかると思います。

 

 

もう1つこちらも「何時」というキーワードを加えて検索すると画像のような検索結果になります。

 

このように、検索エンジンは、検索したキーワードがより一致しているほど、上位表示されやすくなるという仕組みになっています。

1語が一致しているよりも、2語一致しているほうが上位に表示されやすいですし、2語よりも3語、というように、一致しているキーワードの数も多いほどより上位表示されやすくなるのでぜひ覚えておいてほしいです。

 

もちろんブログのアクセス数や、記事の内容、など総合力で検索順位は決められるので、一致していれば間違いなく上位に表示されるというわけではないです。

ただ、トレンドアフィリエイトのキーワード選定をするときは、必ずこの考えをベースにするようにしてください。

 

メインキーワードと関連キーワードを決める

キーワード選定において重要なのが、「メインキーワード」「関連キーワード」という言葉です。

キーワード選定は、この「メインキーワード」と「関連キーワード」を探す作業ともいえます。

 

まずメインキーワードはブログ記事の主人公にあたるものです。

さっきと同じ画像の例でいうならばメインキーワードは「井の頭公園」の部分ですね。

 

このメインキーワードをまず決めることが一番最初のキーワード選定になりますが、メインキーワードはネタ探しをした時点でほぼ決まったようなものです。

芸能人で新垣結衣さんについて記事を書くのであれば、「新垣結衣」がメインキーワードですし、スポーツで東京オリンピックについて書くのであれば、「ロシアW杯」がメインキーワードです。

 

どちらかというとキーワード選定は、メインキーワードよりも関連キーワードを選んで決めることが重要です。

関連キーワードはメインキーワード(主人公)の中のどんなことについて調べているのかを絞っているキーワードのことです。

井の頭公園の検索でいうと「花見」や「場所取り」の部分になります。

 

検索されやすいキーワードの探し方

Googleの検索エンジンの仕組み、メインキーワード、関連キーワードのことが理解できたら、いよいよキーワード選定を行っています。

キーワード選定はユーザーがどんな言葉で検索するのかを予想し、それに見合ったキーワードを選ぶという作業になります。

 

ただユーザーがどんなキーワードで検索するか?と言われても始めてだと全然わからないですよね。

そこで検索キーワードを探すために過去に人がどんなことで検索したのかをGoogleのサジェスト(検索履歴)から調べていきます。

 

例えば、井の頭公園のお花見について調べてみると「井の頭公園 花見」に続いて、桜、雨、場所取り、混雑、屋台、時間、夜といった関連キーワードのサジェストが出てきます。

 

「井の頭公園 花見 あ」といれると、「あ」から始まるキーワードのサジェスト穴場、アクセス、が出てきます。

 

「井の頭公園 花見 い」といれると、「い」から始まるキーワードのサジェスト居酒屋、何時まで、イベント、が出てきます。

 

このように、検索エンジンではいろいろな検索ワードに対して、ユーザーが過去に検索した履歴から、キーワードの候補を自動的に表示してくれる機能があります。

自動で表示されるということは、過去に同じことを検索した人がいたということとなるので検索需要があるということになります。

 

このサジェストに出現するキーワードを作って記事タイトルを作れば、検索されやすいタイトルを作ることができます。

なのでキーワード選定をするときは、ひとまずサジェストで「あ」〜「ん」までの50音を全部入れてどんなキーワードで検索されているかを徹底的にリサーチすることから始めます。

 

ライバルチェックをして、ライバル不在のキーワードを選定する

Googleのサジェストから、ユーザーが過去に検索したキーワードを調べるというところまで説明しました。

ただそうはいっても、キーワードを好き放題に選んでタイトルを作ればいいというわけではありません。

 

キーワード選定をしてユーザーがどんなキーワードで検索するかを調べたとしても、ライバルのアフィリエイトブログが同じ記事を作っていたら、検索順位で負けて上位に表示されない可能性があります。

とくにブログ作りたてのときは、どんなにいいブログ記事を作ったとしても、運営期間の長いブログに簡単に検索順位で抜かされてしまうことがあるので気をつけないといけません。

 

具体例として「井の頭公園 花見」でライバルチェックをして、同じキーワードを使った記事があるかを調べていきます。

まずは「場所取り」でチェックします。

検索してみると、上位4つの記事が「井の頭公園 花見 場所取り」というキーワードを使っています。

このように、すでにライバルブログがたくさんあるようなキーワードを使ってブログ記事を作ったとしても、検索結果で上位に表示させることはできず、いつまでもユーザーに見てもらうことはできません。

 

では続いて「屋台」でチェックしてみます。

今回は「屋台」というキーワードを使った記事は出てきません。これはライバルが不在ということです。

つまり、この状態で「井の頭公園 花見 屋台」というキーワードを使って記事を作れば、ライバルがいないので検索結果で上位表示ができる可能性があるということです。

 

このように、ライバルチェックをして、ライバルブログ不在のキーワードを選ぶことが、キーワード選定ではとても重要なポイントになります。

 

トレンドブログの記事タイトルを付ける

トレンドアフィリエイトのブログ記事のタイトルを付ける方法は、キーワード選定で選んだものをルールに沿って並べていくだけなので、難しくありません。

ただいくつかやってはいけない、記事タイトルの付け方があるのでNG行動についても解説していきたいと思います。

 

キーワードを並べて記事タイトルを作る

選定したキーワードはさきほどと同じように「井の頭公園 花見」からライバル不在のキーワードを選びました。

今回はこの中から、「屋台」「出店」「ゴミ」というのがライバル不在だったので、このキーワードを使って記事タイトルを作ります。

 

まずタイトルの先頭にはメインキーワードを持ってくるのが基本です。

続いて関連キーワードをアクセスを狙いたい優先度の高いキーワードの順番で並べていきます。

 

Googleの検索エンジンの仕組みでお伝えしたように、タイトルの先頭(左側)のほうにキーワードがあったほうが検索されやすいからです。

今回は、「井の頭公園 花見 屋台 出店 ゴミ」という順番ですね。

 

そして並べたキーワードを、助詞(〜は、〜や、〜が)と記号(!、?、・)でつないでいき、日本語の文章としておかしくならないように、文章を補足してタイトルを作ります。

例えばこのような感じです。

  • 井の頭公園の花見で屋台や出店のおすすめは?ゴミは持ち帰り?

もちろんこれが完全に正解というわけではありませんが、タイトルの付け方はこのように実践していきます。

 

タイトルの付け方のNG行動

タイトルの付け方にはいくつかやってはいけないことがあるので、そのNG行動についても紹介していきます。

 

①キーワードをただ並べればいいわけではない

アクセスの集まるキーワードを並べることで検索順位を上位にすることがしやすくなりますが、「井の頭公園・花見・屋台・出店・ゴミ」といったようにただ並べていくというだけではダメです。

しっかりと日本語の文章として通用する記事タイトルにしていきます。

 

②「、」「。」はあまり使わない

絶対にNGというわけではないですが、「井の頭公園の花見で屋台、出店のおすすめは。ゴミは持ち帰り。」といったように句読点はあまり使わないほうがいいです。

 

③タイトルの文字数を32文字以上にしない

記事タイトルは基本的には32文字以内におさめるのがベストです。ただ例外はありますし、戦略的に文字数オーバーすることもあるので絶対にダメというわけではないです。

例えば最後の1文字だけどうしても33文字になってしまうなどの場合はそのままでもOKです。

 

④同じキーワードは2回以上表示させない

よくやってしまいがちでもったいないのが、同じキーワードを2回入れてしまうことです。

「井の頭公園の花見で屋台や出店のおすすめは?花見のゴミは持ち帰り?」

例えばこのように、花見というキーワードを2回入れたところで、そのキーワードがより検索されやすくなるとか、上位に表示されやすくなるということはありません。

それだったら別のキーワードを使って、違うキーワードでも検索で引っかかるようにしていくといいと思います。

 

トレンドブログ記事の文章を書く

記事タイトルのキーワード選定と、タイトルライティングができて、ようやく最後にトレンドブログの記事本文の文章を書いていきます。

トレンドアフィリエイトでもっとも重要なのは、記事タイトルであり、記事の内容ではありません。

ただそうはいっても適当な文章を書いていたり、手を抜いていいというわけではないので、しっかりと文章のライティングの基礎を学んでいってください。

 

記事全体の構成

まず記事全体の構成のお話をしていきます。

トレンドアフィリエイトのブログ記事を書くときは、

導入

本文(見出し1)

本文(見出し2)

本文(見出し3)

まとめ

という流れで記事を書いていきます。(見出しの数は必要によって増減します)

例えば「井の頭公園の花見で屋台や出店のおすすめは?ゴミは持ち帰り?」の記事であれば、

導入

井の頭公園の花見の、屋台や出店のおすすめ情報や、ゴミは持ち帰るのかなどの処理の方法について記事を書くということを紹介する

 

本文(見出し1)

井の頭公園の花見の基本情報(場所や時間など)を簡単に説明する

 

本文(見出し2)

井の頭公園の花見の屋台や出店のおすすめ情報や、出店時間などの情報を紹介する

 

本文(見出し3)

井の頭公園の花見のゴミの捨て方、処理方法などについて紹介する

 

まとめ

今回記事で記載した内容を簡単に振り返る

 

というふうな流れで作っていくといいと思います。

 

記事の導入は新PASONAの法則で読者の興味を引く

新PASONAの法則というのは、経営コンサルタントで、数多くの名著を世に送り出している、神田昌典さんが作った読み手を引き込む文章の書き方です。

P(proglem):問題提起
A(affinity):親近感
S(solution):解決策
O(offer):提案
N(narrowing down):対象者の絞り込み
A(Action):行動を示す

という流れで文章を書くことで、文章を読んでいる人がすんなりとその内容を受け入れ、行動を起こすことができるという法則となっていて、世の中の本やセールスレターなどで数多く利用されています。

 

▼記事の導入の例文▼

タイトル【井の頭公園の花見で屋台や出店のおすすめは?ゴミは持ち帰り?】

P(proglem):問題提起
井の頭公園といえば、東京でも屈指の桜の名所で、毎年お花見の時期になると、昼から夜までお花見をする人であふれています。
ただ井の頭公園でお花見をしてみたいけど、初めていくときは何を準備していけばいいのか、どんな物が売っているのかわからないですよね?ごみ処理にも困ってしまいます。

A(affinity):親近感
僕も初めて井の頭公園でお花見したときは、公園の場所やお店がよくわからなくて、時間を浪費してしまいましたし、ゴミをどうすればいいのか迷ってしまった経験があります。

S(solution):解決策
やはり、お花見をするのであれば、事前に出店や周辺のお店の情報などを知ってく必要がありますよね。

O(offer):提案
そこで今回この記事では、井の頭公園のお花見での屋台や出店のおすすめ情報や、ゴミの持ち帰りについての情報をまとめていきたいと思います。

N(narrowing down):対象者の絞り込み
例え、井の頭公園に行ったことがない人、お花見自体初めてという人でも、この記事を読めば安心です。

A(Action):行動を示す
ぜひ最後まで記事を読んで、井の頭公園でのお花見を満喫できるように準備してみてください。

 

このように問題提起から記事を読むことの行動をうながす文章を書くことができれば、読み手もなぜこの記事を読む必要があるのかを理解して気持ちよく記事を読み進めてくれると思います。

 

記事本文はPREPの法則

PREPの法則も、文章がより伝わりやすくなるための手法の1つです。

ブログの文章は小説などの物語ではないので、決して起承転結で書いてはいけないですので気をつけてください。

 

起承転結ですと、徐々に内容を面白くしていき読者を引きつけ、物語の最後に大切なポイントを持って感動を与えるという流れですが、トレンドアフィリエイトのブログ記事というのは、いかにわかりやすく読者が知りたいことを伝えるかが重要なので逆効果になってしまいます。

 

PREP法の流れはこのようになっています。

P(point):結論、ポイント
R(reason):理由
E(example):例
P(point):最後に結論

というふうになっています。

 

 

それぞれの見出しごとに、このPREPで話をまとめていくとスムーズに読み進めることができると思います。

▼本文の例文(屋台や出店について)▼

P(point):結論、ポイント

井の頭公園のお花見は出店や屋台が公園の中にあるわけではないので、吉祥寺駅前や公園の周辺のスーパーなどで買い揃えていくのがおすすめです。

 

R(reason):理由

井の頭公園の入り口の手前までにたくさんの飲食店が立ち並んでいますが混雑していますし、大量に飲み物やつまみを揃えるのには適していないからです。

 

E(example):例

例えば、飲み物やつまみは、駅チカのドン・キホーテやスーパーなどで揃えると安く済ませることができます。

 

P(point):最後に結論

他にも駅ビルにはいろいろな惣菜が売ってあったりするのでぜひ利用してみてください。

 

簡単な流れになりますが、このように書くとスムーズに理解することができると思います。

実際はもっと深掘りして記事を書きますので注意してください。

まとめは簡潔に記事の内容を振り返る

そして最後のまとめの部分では、記事全体の内容の振り返りや、記事で紹介したことを知ってさらに行動を起こしてほしい場合は、行動を促すようにしていきます。

井の頭公園の屋台や出店、ごみ処理についてまとめていいましたがいかがでしたでしょうか?ぜひ参考にしてお花見を楽しんでください。というように簡単にしめていけばOKです。

 

トレンドアフィリエイトの記事の書き方まとめ

今回はトレンドアフィリエイトの記事の書き方について、ネタ探しから、タイトルの作り方、本文の書き方まで実例をもちいて紹介していきました。

また記事を読みやすくするための法則として、PASONAの法則やPREP法なども紹介していきました。

ここで紹介した記事の書き方はあくまで参考で簡易的なものなので、この書き方がすべてというわけではありませんが、基礎的な内容はしっかりとおさえています。

ぜひこれからトレンドアフィリエイトをやり始めるという方の参考になれば幸いです。

hiroki

最新情報をチェックしよう!