タイトルライティング応用編④ずらしテクニックを活用する

ライティング

こんにちは、hirokiです。

タイトルライティングの応用編4回目となります。

今回紹介するのは、タイトルライティングの核となるテクニック「ずらし」です。

ブログでアクセスを大量に集めて、稼いでいる人はこの「ずらし」というテクニックを必ず使っています。

これを知っているか知らないかでは、大きく結果が変わってきますので、必ずマスターするようにしてください。

タイトルの「ずらし」とは


ずらしというのは、ユーザーが次に検索するキーワードを先読みしてタイトルを作ることです。

基礎編、応用編と、タイトルライティングについてタイトルの実例をいくつか紹介していきましたが、実はすべてのタイトルでこのずらしテクニックを駆使していました。

あらためて立ち返ってほしいのは、人はどんなときに検索するのかということです。

人は必ず「疑問に思ったとき」にGoogleで検索します。疑問をそのまま検索窓に入力するんです。

この考え方が本当に重要ですので、しっかり理解しておいてください。

ずらしの考え方

何度か実例に出していますが、NMB48の須藤凜々花さんがAKB総選挙で結婚発表したニュースがありますよね。

このニュースが出たときにユーザーはどんな疑問をもつでしょうか。

結婚相手は誰?
デキ婚?
AKBのOGの反応は?
相手の顔は?
ファンの反応は?

など、気になりますよね。実際に検索する人もかなり多かったようです。

この疑問をうまくキャッチしたタイトルが検索されやすい良いタイトルということになります。

よく間違えがちなタイトル

タイトルライティングのやり方を理解していない人が陥りがちな間違いがあります。

それは、週刊誌やネットニュースと同じようなタイトルを作ってしまうことです。

NMB48須藤凜々花が総選挙で結婚発表!お相手は一般男性!

こんなネットニュースのタイトルはよく見ますよね。ただこれは事実を並べただけのタイトルで、ユーザーの疑問に答えるものではないんです。

ユーザーが知りたいのは、この事実ではなく、事実を知ったときに頭に浮かんだ疑問の答えです。

なので、

須藤凜々花の結婚相手の写真は!43歳理学療法士が旦那と特定?

といったように「須藤凜々花が結婚発表した」というニュースを見て、その先に気になるであろう、「結婚相手」「写真」などをタイトルに入れてあげるとアクセスが集まります。

ずらしの具体例

ずらしがどういうものか理解いただけましたでしょうか?

他にもいくつかずらしの具体例を紹介していきます。

  • 上野公園の桜・・・見頃はいつまで、混雑、駐車場
  • ジブリ新作発表・・・公開日、キャスト、感想、評判
  • iPhone新作発表・・・新機能、発売日、口コミ、感想
  • SMAP解散・・・真相、原因、今後、引退の可能性
  • トランプ大統領就任・・・日本への影響、為替、海外の反応
  • W杯で日本勝利・・・次の相手、勝ち点、メディアの反応

このようになにか出来事があって、その先の疑問を先回りして記事にすることが重要です。

あとがき

今回は、「タイトルライティング応用編④ずらしテクニックを活用する」というテーマでお話ししていきました。

ずらしテクニックを使うか使わないかで検索結果、アクセス数は大きく変わってきます。

ぜひマスターしてアクセスを大量に呼び込む人気記事を作っていってください。

hiroki

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。