ごちゃまぜブログでペナルティを回避するためにやるべき6つのこと!

アフィリエイト

こんにちは、hirokiです。

トレンドアフィリエイトをやり始めるときに真っ先に実践すべきなのが、ごちゃまぜブログです。

総合型ブログともよばれる、このごちゃまぜブログは、その名前のとおり、いろいろなジャンルの記事をごちゃまぜに作成するブログです。

 

内容を絞る必要がないので、初心者にも非常に取り組みやすく、最短で収益をえるためにもっともおすすめだと僕は思います。

そんなごちゃまぜブログですが、普通のブログや特化型のブログに比べてペナルティを受けやすいという噂が流れています。

 

初心者の人はこれを聞いて、

[talk words=”え?ごちゃまぜブログ大丈夫なの?” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/04/アセット-2.png” name=”ポップコーン” bgcolor=#E1FFCE align=r]

というふうに思ってしまうかもしれませんが、安心してください。

 

ペナルティを受けるのはごちゃまぜだからとか、特化型だからとか、そういうことは問題ではありません。

どんなジャンルのブログであっても、しっかりユーザーのことを考えたブログ運営をしていればまったく問題ありません。

そこで今回はごちゃまぜブログでペナルティを回避するために絶対に必要な5つのことを紹介していこうと思います。

トレンドアフィリエイト100万円達成講座のページへ戻る

ごちゃまぜブログはペナルティを受けることって本当にあるの?

まず、気になるのがごちゃまぜブログって本当にペナルティを受けることがあるのか?という疑問です。

ペナルティに気をつけましょうということを、一度は誰もが耳にしたことがあるのではないかと思いますが、実際に本当にペナルティを受けることがあるのかはよくわかっていないというのが事実です。

これについては、僕自身や、僕の周囲にいるアフィリエイトをやっている仲間から聞いた話ではありますが、現在は昔と比べて明らかに少なくなっています。

 

とくにペナルティを受けたり、ブログが圏外に飛ばされるということがあったのは、トレンドアフィリエイトが流行し始めていた時期で、そのときは薄っぺらい記事が量産されていました。

そしてそれを見かねたGoogleは検索アルゴリズムをアップデートしたり、手動でペナルティを与えることが増えていました。

 

ですが、現在ブログを実践している人や、指導する側の人は、そのアップデートやGoogleから嫌われるようなことをしないようにしているので、ペナルティの数はぐっと減少しています。

[talk words=”じゃあ、もうペナルティを受けることはないの?” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/04/アセット-2.png” name=”ポップコーン” bgcolor=#E1FFCE align=r]

[talk words=”まったくペナルティ受けることがない!とは言い切れないかな” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/03/kao.png” name=”hiroki”]

これから注意すべき6つのことをお伝えしていきます。

 

1番やっちゃダメ!アドセンスを自分でクリック!

まず1番やってはいけない、バレたら即ブログがペナルティを受けて、アドセンスの剥奪までされてしまう行為。

それが、自分で広告をクリックしてしまうということです。

自分で自分のブログの広告をクリックするということは、仮に事故やわざとじゃなかったとしても、それはGoogleからしたら知ったこっちゃないことです。

なので、絶対に自分で自分のブログの広告をクリックするという行為はやめましょう。

 

僕は1度、間違って自分のブログの広告をクリックしてしまったことがありましたが、そのまま放置していました。

あくまで1回だけだったらから、見逃されたのか、とくに何も起きませんでした。

 

ですが、知り合いで何も知らずに広告をクリックしまっくている人がいたのですが、その人は問答無用でGoogleアドセンスの権利を剥奪されてしまっています。

[talk words=”剥奪されるとどうなるの?” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/04/アセット-2.png” name=”ポップコーン” bgcolor=#E1FFCE align=r]

[talk words=”前触れなく急にアドセンスの画面が表示されなくなって、そのアドセンスアカウントは二度と使えなくなるよ” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/03/kao.png” name=”hiroki”]

 

ごちゃまぜブログの文字数は最低でも1500文字以上

続いて注意したいのがブログの文字数についてです。

とある教材では、ごちゃまぜブログの文字数は500文字以上あれば大丈夫、なんていうことを教えていますが、現在はいっさいそれが通用しません。

 

僕の感覚では、文字数は1500文字以上は書いていく必要があると思います。

絶対に1500文字ないとペナルティを受けるというわけではありませんが、文字数が少ないことによって、Googleの評価が上がらず、検索で上位に表示されないなんていうこともあります。

なので最低でも1500文字以上のブログにしておくことを強くおすすめしたいと思います。

[talk words=”ちなみに僕は本気で上位表示させたいときは、1万文字くらい書くときもあります。” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/03/kao.png” name=”hiroki”]

 

ごちゃまぜブログでも適当なことを書くのはNG

ごちゃまぜブログというと、いまだに芸能ネタを追いかけて、芸能人やスポーツ選手などの彼氏彼女について記事を書く、というふうに思っている人がいますが、それは大きな間違いです。

もちろん芸能ネタでもアクセスを集めることはできますが、それだけでは今は稼ぎにくくなっているのが現実です。

 

それにこういった芸能ネタを書いている人で多いのが、女優の彼氏について記事を書き、肝心なところは「調査中です」「わからないです」というふうにしてそのままにするということです。

これはけっこう悪質ですし、ユーザーのことを考えていないですよね。

 

もちろんちゃんと調査したり、わからないなりに予想をしたり、別の似たような人はどうだったとか、それなりの答えを用意していればいいですが、タイトルだけ期待させるやり方はよくないです。

さらに最悪なのは、間違った情報を掲載することです。

 

そういった悪質であったり、適当な記事ばかり掲載していると、記事を書かれた本人や事務所からクレームがくるなんていうことも実際問題あります。

ファンの人も不快な思いをして、通報するなんていうこともあるようです。

そういった嫌な被害報告が続くと、当然そのブログがペナルティを受けてブログが圏外に飛ばされてしまうこともありますので注意してください。

[talk words=”読んでいて気持ちのいい、役に立つブログが一番だよね” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/04/アセット-2.png” name=”ポップコーン” bgcolor=#E1FFCE align=r]

 

人を不快にさせる表現は絶対にNG

続いて絶対にやってはいけないのが、人を不快にさせる表現です。

具体的には、

  • アダルト コンテンツ
  • 暴力行為に関すること
  • 誰かの個人情報と機密情報
  • テロリストに関するコンテンツ
  • 酒たばこの販売や促進

など、Googleは絶対にそういったコンテンツにペナルティを課します。

仮にGoogleに気づかれなかったとしても、そのブログを読んだ読者は嫌な思いをすることがありますので、絶対にやめましょう。

 

とくにごちゃまぜブログでアクセスを多く集めることができるネタとして、「事件系のネタ」というのがあります。

事件の真相や原因、容疑者についての情報を集めるというものですが、これは絶対にダメというわけではありませんが、あまりおすすめしません。

 

正しいジャーナリズムを持ってブログを運営している人もいるので、そういったことを批判するつもりは一切ありません。

ただ、事件に関わるキーワードはGoogleのポリシーに反するような言葉も多いので、うかつにそういった言葉を多用していると、ペナルティの対象になりかねませんので注意してください。

 

コピーコンテンツはNG!コピーっぽいのもNG!

続いてペナルティの対象となりかねるのが、コピーコンテンツです。

具体的には、ニュースサイトが扱っている記事をそのままパクって掲載したり、他の人がブログで書いている意見を、さも自分が書きましたというように、掲載することです。

「リライトすれば大丈夫でしょ!」というふうに軽い気持ちで、ニュースサイトや他のブログの語尾や言い回しをほんの少しだけ変えて記事を投稿するのもNGです。

 

ブログ記事でリライトを行うことはとても大事なことですが、言い換えるだけではなく、情報を自分なりにまとめて、自分の言葉で書くというのがポイントです。

まったく同じ文書のコピーコンテンツではないにしても、似ているブログや似ている記事だとGoogleに気づかれると、ペナルティとまではいかなくても検索順位が上がらないなんていうこともありますので注意してみてください。

 

著作権や肖像権を侵害すると最悪訴えられる!

最後に紹介するのが著作権や肖像権に気をつけるということです。

芸能人の顔の写真や画像を使うのはどうなのか?肖像権に問題はないのか?という論争がありますが、僕個人の意見としては一切つかわなくていい!というふうに思っています。

 

写真の画像がなくても、文章でものは伝わりますし、画像を入れたいときは、その人のツイッターの写真付きのつぶやきを埋め込むことができれば、それが画像の役割を果たしてくれます。

なので、ちょっとくらい画像使ってもいいじゃないか!ではなく、ちょっとでも疑いがあるなら一切やらない!これがペナルティを受けたり、ブログを圏外に飛ばされないためにするべきことです。

 

そして、もうひとつ注意したいのが、画像の著作権です。

芸能人の画像でなくても、プロのカメラマンが撮影した景色の風景やプロのイラストレーターが描いたイラストを無許可で利用することはできませんので、絶対にやめてください!

 

とくに有料で提供している画像を知らなかった、他の人が使っているから自分も使ってしまった、というふうになると、後からお金を請求されることもあります。

買ってに画像を使って訴えられたりするということも、過去に実際にあったこともあります。

 

画像は有名人の肖像権に関わるものは、使わない、その他の画像やイラストも著作権フリーのものを使用するというのは、必ず意識するようにしてみてください。

 

ペナルティを受けているわけではないのに上位表示されない

最後におまけで、ペナルティを受けているわけではないのに、検索順位がなかなか上がらない場合についての対処法や考えられる原因についてお話ししていきます。

検索されないネタやキーワードを扱っている場合は、そもそも前提として上位表示が無理となっています。

 

ただその大前提はしっかりと守っているのに、それでも上位表示されない場合、それは上位に表示されている記事の内容と同じような内容になってしまっているという可能性があります。

特別コピーをしているとか、リライトしているというわけではなかったとしても、ブログの内容が似ていたり、扱っている内容が近しいものだと、上位に表示されません。

 

Googleはできるだけ一番いいコンテンツをトップに表示させて、そのコンテンツにはないものを2番、3番目に上位に掲載されることを考えます。

なので、自分のブログが上位表示されないというときは、ぜひライバルのブログをチェックするようにしてみてください。

 

まとめ

今回は【ごちゃまぜブログでペナルティを回避するためにやるべき6つのこと!】というテーマでお話ししていきました。

ごちゃまぜブログだからペナルティを受ける、検索で上位表示されないということはありません、とはいえ、Googleやユーザーに対して悪質なコンテンツを提供しているとペナルティを受けることがあります。

ごちゃまぜブログは初心者がアフィリエイトに取り組むには一番おすすめのジャンルですので、ぜひごちゃまぜブログを正しく運用して稼げるようになってください。

hiroki

トレンドアフィリエイト100万円達成講座のページへ戻る

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。