Fetch as Googleのやり方や機能は?即インデックスさせる方法

ツール

こんにちは、hirokiです。

Google Serch Console で自身のサイトのパフォーマンスを管理することができるという説明をさせていただきましたが、実際にどうすればいいのかよくわからないという人も多いと思います。

そこでまず1番に覚えてほしいのが、Google Serch Console の機能のひとつ Fetch as Googleです。

Fetch as Googleの機能!即インデックスとは


Fetch as Googleはブログの記事を更新したことをGoogle側に伝え、検索エンジンに載せてもらうようにリクエストを出す機能です。

まず前提として、Googleの検索エンジンにあなたの書いた記事がインデックスされるには、Googleのクローラーにサイトを巡回してもらい、サイトの中身を確認してもらう必要があります。

ただ作りたてのサイトや、パワーの弱いサイトだと、そのクローラーがなかなか訪れてくれることがなく、いつまで経っても検索エンジンに載せてもらえないということがあります。

そこで有効なのがこのFetch as Googleです。クローラーが自動で巡回してくるのを待つのではなく、こちら側からGoogleに対して記事を更新したことを伝え、検索エンジンに載せてもらうように依頼ができるのです。

Fetch as Googleはほぼ確実に即インデックス(正確には数分後)できるので、基本的には記事を更新したら毎回Fetch as Googleをやっておくべきだと思います。

Fetch as Googleのやり方

Google Search Console にアクセス(Google Serch Consoleへ未登録であれば登録する)
クロール→Fetch as Googleをクリック
記事のURLを入力欄に入れる
「取得」をクリック

 

取得した記事の列が追加されたら、インデックス登録をリクエストをクリック

 

私はロボットではありませんにチェック(たまに人であることを確認する質問が表示されます。そのときは質問に答えればOK)
このURLのみをクロールするにチェック
上記が完了したら送信をクリック

 

送信が問題なく完了すると、ステータスが完了になり、インデックス登録をリクエスト済みと表示されます。

以上でFetch as Googleのやり方は完了です。

あとがき

今回は「Fetch as Googleのやり方や機能は?即インデックスさせる方法」について解説していきました。

Fetch as Googleはブログを始めたばかりのときはかなり有効ですが、長く運営している場合でも必ず記事を更新するたびに行うことをおすすめします。

ぜひ今回の説明を参考にFetch as Googleを利用してみてください。

hiroki

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。