DigiPressの評判!初心者やアフィリエイトで使える?メリットデメリットをすべて公開

ワードプレス

【2018年7月更新 DigiPressテンプレートの利用をやめました】

こんにちは、hirokiです。

僕は数ヶ月前までDigiPress(デジプレス)のテンプレートのGRAPHIEを利用していたのですが、数ヶ月前にデザインプラスが作成しているTCDテンプレートに変更しました。

僕の無料メルマガ講座Cinematic Aadamy のメンバーからも、GRAPHIEのテンプレートのデザインがおしゃれで好評をいただいていたのですが、SSL化設定のときにうまく表示されなくなってしまったのが一番の原因です。

 

ただ、数ヶ月利用していて、正直若干のDigiPressへの不満があったのも事実だったので、SSL化のタイミングでテンプレート変えてしまおうと踏み切りました。

不満というのは主に、

サポートフォーラムの対応がひどい

動きが重たい

というのが大きな理由の1つです。

 

そういった事情も含めたうえで、今までの評価を一新してあらためてDigiPressの評判について、メリットデメリットなどまとめていこうと思います。

今回はDigiPressの使い心地や初心者でも使えるのか?などメリットデメリットについてまとめてすべて公開していこうと思いますがその前に、僕なりに5段階評価を発表しておこうと思います。

  • 超初心者 ★☆☆☆☆
  • 初心者  ★★☆☆☆
  • 中級者  ★★★★☆
  • 上級者  ★★★☆☆
  • 超上級者 ★★☆☆☆

なぜこのような評価なのか具体的に紹介していきます。

ワードプレス有料テーマDigiPressとは

DigiPressは株式会社デジステイトが提供しているワードプレスの有料テーマです。

テンプレートの内容を編集しなくても、WEBサイト、ブログサイトのデザインやカスタマイズをすることができ、その汎用性やカスタマイズ性で利用者からも高い評価を得ているテーマになります。

株式会社デジステイトは岐阜県にある会社です(岐阜県でこれだけ日本で使われるハイテクなワードプレステーマができていたとは少し以外ですよね)

 

DigiPressのテーマの種類は

DigiPressのテーマの種類は13種類(2018年4月現在)があり、どれもデザイン性が非常に高いことがわかりますね。

これだけおしゃれなデザインが初期設定の状態から利用できるとなると、HTMLやCSSなどの知識がない人でもクオリティの高いサイトを作り上げることができますね。

もちろんレスポンシブ対応もしていますし、それ以上にうれしい、スマホ専用テーマがついています。

スマホでサイトを閲覧したときにどういう風に見えるのかも自由に変更することができるので、よりユーザビリティが高いサイトを作り上げることができますね。

 

DigiPressは初心者でも使える?

冒頭で僕なりのDigiPressについてのレビューをもう一度紹介しますと

超初心者 ★☆☆☆☆
初心者  ★★☆☆☆

このように、初心者には非常におすすめですが、超初心者には★1つと評価を低めとしています。

その理由としては、人生で初めてワードプレスを使う人にとっては、カスタマイズ性が高いゆえに、たくさん設定する箇所があるので、扱いきれないのではないかなと思ったからです。

多少なり、ワードプレスを使ったことある、別の簡単なワードプレステーマを使ったことがあるという人には逆にとてもおすすめしています。

カスタマイズ性が非常に高いうえにCSSやHTMLなどの構文を一切いじらないでデザインを変更できるのがとにかく嬉しいですね。

 

DigiPressは中級者、上級者、超上級者にはどう?

初心者にはおすすめしましたが、それ以外の中級者以上の人にとっての使い勝手はどうなのかをまとめていきます。

中級者  ★★★★☆
上級者  ★★★☆☆
超上級者 ★★☆☆☆

中級者以上はこのように評価させていただきました。

まず中級者は初級者同様、使いやすさ、カスタマイズ性の高さから中級者でもかなり有効に活用できるからです。自分のWEBサイトをおしゃれにできるほか、他者のワードプレステーマと一線を画したデザインになるので、読者からの評価が高いサイトを作ることができます。

ただし、上級者、超上級者になるほど、おすすめ度を下げています。

その理由はカスタマイズ性の高さはあくまで、DigiPressの設定の中でのカスタマイズとなるため、自分でCSSやPHP、HTMLなどを書き換えてまでカスタマイズしようとすると不具合が発生する可能性があるからです。

本当に自分でデザインしたい、ワードプレステーマを自分で作ってしまいたいというほどのこだわりを持つ人にはおすすめできないですね。

 

必読!DigiPressで使用してはいけないプラグイン

DigiPressはカスタマイズ性、デザイン性が高い反面、自分独自のカスタマイズや、競合のワードプレスプラグインと合わないことがあります。プラグインを入れたら不具合が起きたということもあるそうです。

具体的には

All in one SEO Pack
WP-PageNavi
WordPress Related Posts
Head Cleaner
WP Super Cache
W3 Totacl Cache
WP Fastest Cache
Autoptimize
ZenCache

このように、SEO関連のプラグインや関連記事、人気記事を表示させるプラグイン、SNSシェア用のプラグインはすでにDigiPressの初期設定で機能がそなわっているので、使ってしまうと逆によくないことがおきます。

DigiPressを利用する際は必ず注意しておきましょう。(これ以外にもNGなプラグインはありますので、プラグインを入れて不具合が発生した場合はそのプラグインを疑ってみてください)

 

DigiPressはアフィリエイトに使える?

アフィリエイターにとって気になるのはDigiPressテーマはアフィリエイトに有効なのか?ということですよね。

僕の意見は「アフィリエイトでも使える」と思います。が、アフィリエイトに向いたテンプレートは他にもあるなと思います。

ただSEO対策の機能は標準装備として十分使うことができますので、検索エンジンでも問題なく表示されることでしょう。

 

注目なのはやはりデザイン性ですね。

2018年現在ではアフィリエイトやブログを運営している人は増え続けています。そんな中でアフィリエイトで稼いでいくには、単純に文章に工夫するのではなく、いかに視覚的に読者に印象を与えるかということになってきていると思います。

そんな中でDigiPressのテーマはかなりおしゃれで、動きのあるアニメーションなども表示することができるので、サイトに訪れたユーザーがまた来てみたいとファンになってくれる可能性があがります。

そうやってお気に入り登録やはてブが増えていくことで、より稼げるアフィリエイトサイトが作っていけるとも僕は思います。

DigiPressのメリットデメリットまとめ

最後にDigiPressのメリットとデメリットをまとめていいたいと思います。

メリット

  • とにかくおしゃれ
  • カスタマイズが簡単にできる
  • レスポンシブ対応+スマホ専用テーマがある
  • 動きのあるサイトデザインができる
  • プラグインを入れなくても初期設定で同様の機能がついている

デメリット

  • カスタマイズ性が高い分設定項目が多いので超初心者には難しい
  • 1ライセンス1サイトしか使うことができない
  • 有料ショートコードを購入しないと使えない
  • 他のテーマに変更しにくい

どんなワードプレステーマでも良いところ、悪いところがあるので、色々と比較してぜひ利用してみてください。

さいごに

今回はDigiPressについて、初心者は使うことができるのか、アフィリエイトに利用するのはどうなのか?ということについてまとめていきました。

やはりデザインやカスタマイズという点はこれからブログを運営していくためには大きなポイントになることだと思います。いかにサイトに訪れた人に対して有益な情報を与えることができるか、価値を提供できるかが、ブログやアフィリエイトで稼いでいくコツです。

そういった細かい設定やこだわりは、一見遠回りと思うかもしれませんが、長く安定して稼いでいくための近道だと思います。

具体的にどんな風にブログ運営をしていけば稼ぐことができるのかは、僕のメルマガでもお話ししていますのでよかったら登録してみてください。

hiroki

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。