こんなトレンドブログはうざい!嫌われる記事あるあるをまとめてみた!

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトの記事はどれもこれも同じような内容でうざいと思われている人は非常に多いです。

しかも薄っぺらい内容の記事しか書かない人もたくさんいて、本当に情報を探している人からすると邪魔だなと思われてもしょうがないと思います。

 

ただ、それはトレンドアフィリエイトやトレンドブログが悪いというわけではなくて、それを書いている人が未熟なだけだと思います。

世の中に溢れている教材や、トレンドブログをコンサルして教えている人が、ちゃんとユーザーに好まれるブログの作り方を教えていないのも悪いなと思います。

 

本当に正しいブログ運営というのは、書いている本人読んでいるユーザーGoogleの3方向にそれぞれ良いものであると思います。

そこで今回は、トレンドブログがうざいと思われない記事にするためにも、僕が実際に感じた、こんなトレンドブログはうざいと思われて嫌われる記事の、あるあるをまとめていきたいと思います。

 

トレンドブログがうざいと思われる理由って?

[talk words=”そもそもどんなトレンドブログがうざいって思われるんだろう?” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/04/アセット-2.png” name=”ポップコーン” bgcolor=#E1FFCE align=r]

トレンドアフィリエイトをやっていて、ブログがうざいと思われたり、ブログのコメント欄に嬉しくないコメントが書かれるときは大体パターンが決まっています。

大きな要因とされる理由はたった1つ

読者に期待させておいて、それを裏切る行為です!

 

記事のタイトルで過度に期待をさせたり、必要以上に煽りをいれる記事はだいたいが、その期待に応えないです。

とりあえず「トレンドブログだし、記事にアクセスだけきたからいいや」というふうなマインドでやっている人が非常に多いからそうなってしまうんですよね。

ブログの記事を書くということは、多かれ少なかれ人の気持ちに影響を与えるものだという意識をしっかりもって実践するのが重要です。

 

嫌われる記事あるあるをまとめてみた

続いて、嫌われる記事あるあるをまとめてみました。

トレンドブログがうざいと思われる要因はこういったブログがあるからだと思うので、読む側の人はたしかに!と思っていただき、書く側の人は気をつけようと思っていただければ幸いです。

それではさっそく見ていきましょう。

 

とりえあず彼氏彼女とタイトルに入れる

俳優、女優、アイドルなど、若い男性女性の有名人についてトレンドブログで多く書かれるのが、この「彼氏」「彼女」についてです。

トレンドブログで「とりあえずアクセス集まるから書いたほうがいいよ」なんて教えている人もいるようですが、ちょっと待て!といいたいですね。

 

たしかに彼氏彼女について知りたいとう人は多いと思いますが、そんなプライベートな情報簡単にわかりっこないんです。

しかも超有名人ならともかく、まだ知名度の低い人なら余計に情報は出てこないです。それなのにとりあえず、彼氏彼女って書いておいて、薄い内容のブログを書くというのは、読者のことをまったく考えていないのでよくないです。

 

wiki風プロフィールが全然wiki風じゃない

続いてよく見かけるのが、この「wiki風プロフィール」というキーワードです。

トレンドアフィリエイトを知らない人からするとなんでこんな記事タイトルにするのかと思ってしまうかと思いますが、ユーザーは調べたい人物のWikipediaを見たいという人がけっこうたくさんいます。

そしてそういう人が「○○ wiki」と検索するので、その検索に引っかかろうと思って書いているんですよね。

 

でもそのやり方は正直間違っていますし、稼げないと思います。

本当のWikipedia出てきたら、間違いなくWikipediaより検索順位が下になりますから、まずブログを読まれなくなります。

それに、「wiki」と検索している人は単純にWikipediaの情報をもとめています。それをトレンドブログで補うことはできないです。

 

つまり、ユーザーの需要とブロガーの供給がまったくマッチしていないということになります。

需要と供給がマッチしていないビジネスが成功するわけないですよね。

[talk words=”それに、そもそも内容がまったく「wiki風」にもなっていないものが多いです” avatarimg=”https://hirokisblog.com/wp-content/uploads/2018/03/kao.png” name=”hiroki”]

 

よく見たらWikipediaと一緒

続いてこちらもWikipedia関連ですが、トレンドブログによくあるのが、内容が非常に薄っぺらい、通称ペラサイトです。

内容も適当に調べてきた内容をとってつけたようなもので、よく見ると、これ全部Wikipediaに書いてあるじゃん!なんてこともあります。

ブログで記事をまとめて情報を発信するのはいいですが、その上でさらに自分独自の調査情報や意見をしっかりまとめて読者に満足してもらうことが重要です。

Wikipediaの焼き増しのブログにならないように注意してほしいですね。

 

調べてみましたがわかりませんでした

これも特にトレンドブログがうざいといわれる所以ですね。

最初に説明した彼氏彼女をキーワードにしたブログでも非常に多いですが、調べてみましたがわかりませんでした」といってブログを終わらせてしまう記事です。

 

ユーザーは本当に調べようと思って、Googleで検索して、その答えが記事の中にあると思って読んでくれているというのに、わかりませんでしたの一言で終わらせるのはずるいですよね。

もちろんユーザーのために本当に調べてわからなかったらしょうがないとも思いますが、そうしたらそもそもブログのタイトルにも入れないでほしいと思うのがユーザーの心情だと思います。

記事のタイトルとブログの内容はしっかりと一致させるのはトレンドアフィリエイトで本当の意味で稼いでいくためには重要なことですね。

 

わかったようなことを書く

一番炎上しやすいのが、物事や事件、人物にたいしてわかったように書かれることです。

これはどちらかというと、トレンドブログよりもYahooニュースに掲載されている記事によく見られます。

 

とくにアイドルやアーティストなどのファンからしたら、よく知りもしないのに、なんでそんな勝手なこと書けるの!?という思いを一度くらいは思ったことがあるのではないでしょうか。

人物や思いに対して批判をするのは自由ではありますが、それを読む人がいるというのを意識してブログ運営をしてほしいです。

 

うざいと思われない記事を書くために

最後にトレンドアフィリエイトを実践している人向けに、うざいと思われないために重要な記事の書き方について紹介していきます。

うざいと思われないために一番重要なのは、書き方のスキルやテクニックよりも、マインドです。

 

自分がブログ記事を書くということは、その向こう側に必ず読者がいること、そしてその読者に少なからず影響を与えているということを考えることが大切です。

そしてそういう思いは、文章を通じて相手に伝わります。文章にも書く人の気持ちはすごく現れるものです。

 

なので、トレンドアフィリエイトでブログを作っていくなら、ちゃんと調査をして自分の意見としてまとめ、仮に情報が見つからなかった場合でも「わかりませんでした」で終わらせるのではなく、代替の情報を見つけるなどの努力をしてみてください。

 

さいごに

今回は、「こんなトレンドブログはうざい!」ということで、嫌われる記事のあるあるをまとめていきました。

トレンドブログはアフィリエイトが流行りだしたころにみんながこぞってやりだしたために、良いマインドの人も悪いマインドの人も現れました。

 

それだけに今現在でも金を稼ぐためだけにやっているアフィリエイト、ユーザーのことを考えないアフィリエイトと思われしまっているのが実態です。

ただ、トレンドを掴んでアフィリエイトを実践するのはやはり成果を出すためには非常に有効な手段ですし、トレンド=ユーザーが求めていることなので、その求めに応えることができるブログ運営ができれば、トレンドブログだとしてもユーザーから好まれるものを作ることができます。

ぜひ健全な思いでトレンドブログ運営を行うようにしてみてください。

hiroki

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。