【2018年最新版】All in one SEO Packの設定!初心者でも導入からカスタマイズまで全部わかる!

ワードプレス

こんにちは、hirokiです。

All in one SEO Packといえば、ブログアフィリエイトを実践している人なら、誰もが利用したいワードプレスのプラグインの1つです。

SEO(=検索エンジン最適化)対策をして、検索順位を1つでも上げるためには、必ず導入しておきたいですよね。

 

ただこのAll in one SEO Packは設定箇所も多く、初心者がいきなりやろうとしても、どう設定すればいいのかわからないという声を非常に多く聞きます。

また、2つ目のブログを立ち上げようと思った、中級者や上級者ですら、あれ?どこを設定するんだっけ?と悩んでしまうことがあります。

 

なぜそのようなことが起きるのか、それは、All in one SEO Packは設定画面がすぐにリニューアルしてチェック項目が変化していくからです。

そこで今回はAll in one SEO Packの2018年の最新版の設定を、初心者が簡単にやる方法を解説していきたいと思います。

チェック項目や各項目の設定の内容についても具体的に解説していきたいと思います。

All in one SEO Packのインストール方法

まずはAll in one SEO Packのインストール方法について、画像を使いながらわかりやすく解説していきます。

  1. ワードプレスを開きます。
  2. サイドバーのプラグインをクリックします。
  3. 新規追加をクリックします。
  4. 右上の検索窓にAll in One SEO Packを入力して検索します
  5. All in One SEO Packが表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。
  6. インストールが完了したら有効化をクリックします。

 

有効化するとサイドバーにAll in one SEO Packが追加されるのがわかると思います。

これでAll in one SEO Packのインストールは完了になります。

【2018年最新版】初心者でもできるAll in one SEO Packの設定方法

ここからが本番ですね。

これから2018年の最新版のAll in one SEO Packの設定方法を具体的に解説していきたいと思います。

All in one SEO Packの設定を行うためには、

  1. サイドバーのAll in one SEO Packをクリックします。
  2. 続いて一般設定をクリックします。

そうすると、All in one SEO Packのすべてのチェック項目と設定項目が出てきます。

続いて各項目ごとにチェック項目を確認していきます。

一般設定

まず一般設定のチェックの要否について説明します。

一般設定はブログをやっているとあまりよくわからない設定が多いと思いますが、あまり深く理解しなくても大丈夫です。

以下の順番でチェックを入れていってください。

Canonical URL
チェックする

Canonical URL(カノニカルURL) とは、URLの正規化をを行ってくれるもので、この項目をチェックをすることで、自動でcanonicalタグが挿入されます。

どういうときに役に立つかというと、ブログ内に重複するページができてしまった場合、何もしないとGoogleから重複ページがあると見なされペナルティを受けてしまうことがあります。

ですが、このCanonical URLにチェックを入れることで、Canonicalタグが設定され、それを防ぐことができます。

間違って同じような記事を投稿してしまったときなどに効果的です。

また、自分のオリジナルの記事がコピペされて別の人に公開されてしまったときにも有効です。

 

ページネイションをCanonical URLsにしない
チェックしない

ページネイション(ページネーション)とは、ページ割りのことです。

ブログが長くなってしまったときに、1記事を分割して2ページ目、3ページ目と遷移させることができます。

そしてこの「ページネイションをCanonical URLsにしない」は、分割した2ページ目以降をCanonical URLと判断するかを判断する項目です。

 

カスタム Canonical URL を有効化
チェックしない

カスタム Canonical URL を有効化にチェックを入れると、各記事の投稿ページごとのAll in one SEO Pack設定ボックスに設定箇所が追加されます。

そのボックスからCanonical URLを自分で設定することができますが、基本的にはチェックする必要はないです。

 

元のタイトルを利用
無効

All in one SEO Packではブログのタイトルを設定することができますが、その設定を行わないで、元々のタイトルをそのまま利用するときは、有効にします。

特に理由がなければ無効にしておきましょう。

 

Schema.org マークアップを使用
チェックする

Schema.orgとは、ブログ内のHTMLをマークアップして、Googleなどの検索エンジンに、正確な情報を収集してもらうことができます。

マークアップというのは、文章構成や装飾などの情報を、Googleが正しく認識できるように、タイトルや見出しなど各構成要素にタグをつけることです。

例えば、一冊の本の中で「ここはタイトルです」「ここは目次です」というようにGoogleに伝えることができます。

 

ログの重要なイベント
チェックしない

ログの重要なイベントにチェックを入れると、All in one SEO Pack内で発生したイベントのログファイルを作成してくれます。

何か不具合が発生したときや、レポート作成のときに使用されます。

こちらはチェックする必要はないです。

ホームページ設定

続いてはホームページ設定についてです。

ホームページ設定ではブログのタイトルやディスクリプション(ブログの説明)を設定することができます。

検索されやすいブログ、ユーザーにとってわかりやすいブログにするために設定することができます。

ホームタイトル
ホームタイトルにはあなたのブログのタイトルを入力します。

これはGoogleの検索結果で表示されるページタイトルになります。

ワードプレスをインストールしたときにブログタイトルを設定していると思いますが、初心者の方はそれと同じものを入力しておけばOKです。

中級者以上の方であれば、ここにうまく狙いたいキーワードを組み込んで検索順位上位を狙っていきましょう。

 

ホームディスクリプション
あなたのブログの説明を簡潔に記載します。

こちらもホームタイトルと同じように、Googleの検索結果で表示されるものです。タイトルの下にこのブログがどういうブログなのかを説明する文章が表示されます。

あなたのブログが何を目的としたブログなのか、誰に向けて書いているものなのか、といったことをわかりやすく簡潔に書くことがポイントです。

 

代わりに固定フロントページを利用する
無効にする

ここを有効にすると、ブログのタイトルではなく、フロントページに設定した固定ページのタイトルがそのままブログのタイトルとして使用されます。

フロントページというのは、あなたのブログの1番上のトップページのことです。

何も設定しない場合は大体が、最新の投稿が表示されるページになっていますが、ワードプレスの設定により、指定した固定ページをフロントページに設定することができます。

タイトル設定

続いてタイトル設定の項目について説明していきます。

このタイトル設定は主に検索エンジンで検索したときに、あなたのブログがどのように表示されるのかを設定する項目となります。

タイトルを書き換える
有効にする

このタイトル設定全体を有効にするか、無効にするかです。

僕の経験から、この項目を無効にしても大きな問題はおきません。ただ2点変更してほしいところもあります。

ホームページタイトル形式
「%page_title%」初期設定のままでOK

固定ページタイトルフォーマット
「%page_title% | %blog_title%」を「%page_title%」に変更します。

投稿タイトルのフォーマット
「%page_title% | %blog_title%」を「%page_title%」に変更します。

カテゴリータイトルのフォーマット
「%category_title% | %blog_title%」初期設定のままでOK

アーカイブのタイトルフォーマット
「%archive_title% | %blog_title%」初期設定のままでOK

日付アーカイブのタイトル形式
「%date% | %blog_title%」初期設定のままでOK

投稿者アーカイブのタイトル形式
「%author% | %blog_title%」初期設定のままでOK

タグのタイトルフォーマット
「%tag% | %blog_title%」初期設定のままでOK

検索時のタイトルフォーマット
「%search% | %blog_title%」初期設定のままでOK

ディスクリプションの形式
「%description%」初期設定のままでOK

404エラーのタイトルフォーマット
「%request_words% に何も見つかりません」初期設定のままでOK

複数ページのフォーマット
「 – Part %page%」初期設定のままでOK

カスタム投稿タイプ設定

続いてカスタム投稿タイプ設定です。

カスタム投稿タイプ設定とうのは、ブログ記事で、投稿ページや固定ページという種類の投稿タイプ以外に、独自でカスタムした投稿タイプを作成することです。

カスタム投稿用のSEO
初心者の場合はここの項目は無効にしておいてOKです。

カスタム投稿を作成する場合は有効にしましょう。

 

SEO を行う投稿タイプ
「投稿」「固定ページ」だけチェックを入れる

上記でカスタム投稿用のSEOを有効にしていた場合です。

 

詳細設定を有効化
詳細設定は無効で問題ないです。

 

表示設定

こちらはカスタム投稿タイプを有効にした場合の設定になります。

カスタム投稿タイプの列ラベルを表示
「投稿」「固定ページ」にチェックを入れる。

カスタム投稿の列ラベルを表示する場所になります。

管理画面に表示させるかなのでSEOには関係ありません。

ウェブマスター認証

ウェブマスター認証は主にGoogleサーチコンソールの認証に使う箇所になります。

Googleウェブマスターツール
Googleサーチコンソールの認証コードをコピーして貼り付けます。

別の方法でサーチコンソールの認証を行なっている場合は対応不要です。

Bing Web マスターセンター
Bing Webmaster Tools を利用しているのであれば、認証コードを入力してください。

Pinterest のサイト検証
Pinterest を利用している場合は、認証コードを入力してください。

Google設定

GoogleのツールやGoogle+との連携を行うための設定ですが、初心者の方は特に設定する必要はないです。

GoogleアナリティクスのIDを貼り付けることができますが、別の方法があります。

唯一、中級者以上で特化サイトや何かの専門サイトを作っているときは、優先サイト名を使うこともおすすめしています。

Google+デフォルトプロフィール
入力不要。Google+のプロフィールのURLを入力して連携することができます。

Google+
入力不要。チェックを入れるとGoogle+のプロフィールを無効にすることができます。

サイトリンク検索ボックスを表示
入力不要。Googleで検索したときに、タイトルのすぐ下に検索窓が表示されます。

優先サイト名を設定
必要に応じて記入

優先サイト名は、Googleにあなたのブログにとって有効ブログ名を伝えることができます。

たとえば、僕のブログの名前は「hiroki’s blog」ですが何も知らない人が「hiroki’s blog」とう風に検索してくることはまずありえないですよね。

そこでGoogleで検索してヒットするように、「ブログ初心者でも稼げるようになるブログ」というふうに優先サイト名をつけると、「ブログ 初心者」などで検索したときにヒットしやすくなります。

もしあなたのブログが、検索されないようなブログ名であれば変更するのは有効になると思います。

高度な作成者情報オプション
こちらは細かく設定できますが、無効で問題ないです。

GoogleアナリティクスID
Googleアナリティクスで検索数などを調べるためにIDを入力できます。

ブログのテーマによっては違う場所でも設定できますので、それぞれのブログでの設定方法をご確認ください。

Noindex 設定

Noindex 設定は特定の記事をGoogle検索エンジンにインデックスさせないための設定です。

2018年現在のブログSEOでは、あまりアクセスが来ない記事などはあえてNoindexとしたほうがSEO対策に有利と言われていますのでうまく活用していくといいと思います。

NOINDEX をデフォルト
チェックしない

NOINDEX をデフォルトの設定をすると、設定した箇所が検索エンジンにインデックスされなくなります。

間違っても投稿をチェックしないように気をつけてください。何をやっても検索されなくなってしまいます。

NOFOLLOW をデフォルト
チェックしない

NOFOLLOWというのは、自分の記事から外のリンクをフォローしないようにする設定です。

カテゴリーをnoindexにする
初期状態でチェックが入っています。チェックをつけた状態でOKです。

日付別アーカイブにnoindexを使用
初期状態でチェックが入っています。チェックをつけた状態でOKです。

投稿者アーカイブにnoindexを適用
初期状態でチェックが入っています。チェックをつけた状態でOKです。

タグをnoindexにする
タグの表示ページはインデックスされる必要がないので、チェックを入れてください。

検索ページに noindex を使用
検索ページはインデックスされる必要ないので、チェックを入れてください。

404 ページに noindex を使用
404はページがありませんというページなので、必ずチェックを入れてください。

ページ付けされたページ/投稿に noindex を使用
こちらはチェック不要です。ページのついた投稿はインデックスされてもOKです。

ページ付けされたページ/投稿に nofollow を使用
チェック不要です。同じくフォローされても問題ないです。

詳細設定

詳細設定でもGoogleにインデックスされたときの表示の設定などを行うことができます。

ディスクリプションを自動生成
こちらはチェックを入れるようにしてください。

記事を投稿したときにディスクリプション(記事の説明)が自動で表示されるので、よりユーザーにとってわかりやすくなります。

記事本文から自動で文章を抜き出して作ってくれるので非常に便利な機能です。

ページ区切り付きページの説明を削除
チェック不要です。

ページが分かれている時に2ページ目以降のメタ記述が削除されます。

長いディスクリプションを短縮しない
こちらはチェック不要です。

説明が長くてもどうしてもいれたい場合はチェックをしてもOKですが、説明は簡潔にしたほうがユーザーに優しいですね。

投稿メタフィールドの保護を解除
こちらはチェック不要です。

親投稿への添付ファイルをリダイレクトします
こちらはチェック不要です。

固定ページを除外する
固定ページで、All in one SEO Packの設定から除外したいページがある場合は、入力します。

初心者の方はとくに設定する必要はないので無記入のままにしてください。

投稿のヘッダーに追加記入
記入しない

すべての投稿ページのヘッダに記載したいタグなどの記述があれば、ここに入力することができます。

初心者の方はとくに設定する必要はないです。

固定ページのヘッダーに追加記入
記入しない

すべての固定ページのヘッダに記載したいタグや記述があれば入力することができます。

フロントページのヘッダー追加
記入しない

フロントページのヘッダに記載したいタグや記述があれば記載できます。

追加ブログページヘッダー
記入しない

フロントページが最新投稿が表示される場合のヘッダに、記述することができます。

キーワード設定

キーワードを使用
無効にチェックをします。

記事に設定したカテゴリーやタグのデータからメタキーワードが自動的に作成されます。

最近のGoogleの検索エンジンでは、メタキーワードを検索結果に大きく順位に影響されないので無効で大丈夫です。

 

All in one SEO Packはいらない?

ここまでAll in one SEO Packの設定について具体的に解説してきました。

ただネット上でAll in one SEO Packについて調べてみると、All in one SEO Packはいらないのではないか?という声もあがっています。

とくに最近のワードプレスの有料テーマはかなりSEO対策が施されているテーマも多いです。

実際に僕も知識や経験0でブログアフィリエイトをスタートしたので、All in one SEO Packの存在を知らなかったです。

ただAll in one SEO Packを導入しなくても、月収10万は普通に超えることができました。

なので、SEO対策になるとは思いますが、必ず必要ではないということですね。

2ヶ月でどうやって稼いできたのかについては、具体的に書いていった記事ネタも含めて、メルマガで大公開しているので、ぜひ見てみてください。

 

All in one SEO Packが不要のワードプレステーマ

All in one SEO Packの設定は、少し項目が多くて設定も大変だと思います。

SEO対策にたしかに有利になりますが、上記で説明したように必ず必要というわけではありません。

 

ただやはり少しでもSEO対策をしたいというふうにも思います。

そんな方のために、All in one SEO Packを使用しなくても初期状態で同じように設定できるワードプレステーマがあります。

 

それが、当ブログでも利用している「DigiPress」です。(*現在はTCDのテンプレートに変更していますが、そちらもAll in one SEO Packは不要です)

DigiPressはSEOの対策がすでに施してあるので、All in one SEO Pack と同じような設定ができるので、ぜひ興味があれば使ってみてください。

All in One SEO Pack Proへアップグレードとは?

All in One SEO Pack を無事に設定が完了すると、サイドバーにAll in One SEO Pack Proへアップグレードという表示が出現します。

これがずっと運営していると表示が気になるのですが、アップデートはとくに必要がないと言われています。

とはいえ、このアップデートがどういったものか何もしらないまま無視することはできないと思います。

All in One SEO Pack Proへのアップグレードについてはこちらにまとめているので参考にしてみてください。

さいごに

今回は、2018年の最新版のAll in one SEO Packの設定方法について解説していきました。

初心者でも導入からカスタマイズまでできるように細かく説明していったほか、All in one SEO Packはいらないのか?ということまで深掘りしました。

 

All in one SEO PackはたしかにSEO対策として有効にはなると思いますが、必ず導入していなければならないというわけではないです。

実際に僕はAll in one SEO Packがない状態で月収10万円以上の金額を稼ぐことができています。

 

最近では、All in one SEO Packを導入しないでも、ワードプレスに設定できるテーマもあるのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

All in one SEO Pack以外のプラグインの具体的な解説などは、僕のメルマガ登録特典の、学習オンラインライブラリーにも掲載していますので、ぜひメルマガに登録してみてください。

hiroki

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。